新入社員は手厚く教育せよ!

新入社員への手厚い教育が行われている企業の魅力

新入社員の離職を防いだり、職場での意欲を高めたりするうえで、手厚い教育を行うことがとても大切です。最近では、長期間にわたる新人研修が実施される企業も増えており、社会人に必須のビジネスマナーや仕事に関する知識をじっくりと身につけることが可能です。特に、新入社員の興味を引く内容の研修が行われている企業に関しては、様々なビジネス誌などで度々取り上げられることがあり、多くの企業の関係者から社員の定着率を高めるうえで有意義な取り組みとして注目が集まっています。なお、新入社員の研修のカリキュラムを考えるにあたり、人事担当者だけでなく、様々な職場の管理職の意見を聞いたり、外部から専門家を招いたりすることも効果的です。

社員教育の効果を高める方法

社員教育の効果を高めるうえで、合同研修や職場研修などの様々な機会を利用することが有効です。最近では、新入社員に問題解決能力やコミュニケーション力などを習得させようとする企業が増えていますが、グループワークやディスカッションなどを効果的に取り入れることで、様々な面でスキルアップを期待することができます。また、一人ひとりの社員の性格や適性、仕事の取り組み方に配慮して研修の計画を立てることで、社員教育の成功率を高めることが可能です。社員教育を行う時期は、各企業の事業内容や人事のシステムなどによるものの、社員の日常の業務の合間を利用して、定期的に研修の機会を設けることにより、仕事に対する意欲の向上につなげることができます。